月額課金システムご利用ご検討委ならハートランドITイノベーションへ!!

ハートランドITイノベーションでは、月額課金システムのサービスを提供しています。今の時代は、様々な支払い方法が充実しており、月額課金システムを導入している会社や企業の方は少なくありません。ここでは、月額課金システムについて色々お届けします。

時代と共に広がるキャッシュレス決済!

現在、キャッシュレス決済が浸透しつつある中、今新たなニーズとしてモバイル決済端末を使用した軒先決済も注目されているなど、現代のキャッシュレス化は大きく進展しています。インターネット通販の急成長に伴って、荷物の取り扱いの量が増加した宅配業界においては、業務の効率化や顧客満足度アップを目的に電子マネー決済が一早く導入されてきました。しかし、保険業界などを中心に今はさらに一歩進んだシステムとして広がり始めているのが、モバイル決済端末でのクレジットカード決済や口座振替手続きです。

どこに居てもクレジットカード決済を簡単に行う事ができ、銀行取引印の捺印や口座振替依頼書を提出する必要も無く、キャッシュカードを磁気カードリーダーにスワイプするだけで口座振替の手続きが可能になるなど、決済方法の進化と共にキャッシュレス決済の可能性が広がっています。例えば、ある会社ではクレジットや口座振替をはじめ、現金を自分の銀行口座から引き出すキャッシュアウト対応可能なモバイル決済端末をリリースしている所もあります。

現代では超高齢化社会が進展している今、これからは新聞代の支払い、介護関連、薬剤師訪問サービスなど、高齢者利用も想定したサービス展開で、より一層キャッシュレス決済は身近なものになっていく事が予想されています。

月額課金システムとは?

月額課金システムとは、サービス退会をしない限りは、基本的に課金が発生し支払い継続される決済方式になります。月額課金システムの中には、二ヶ月に一回と言うような定期課金、使用した分のみ課金する従量課金など、色々な課金方式があります。最近は、サブスクリプションビジネスの決済方式としても大きく注目されているシステムです。

月額課金は中長期的に売り上げが発生する

ビジネスシーンにおいて必要な課金方式は、主に2つタイプあります。まず一つは都度課金です。都度課金は、商品購入する度に支払いの必要情報を入力し、決済する課金方式になります。例えば、クレジットカード決済の場合であれば、カード番号や有効期限などを情報入力します。都度課金のビジネスモデル例には、取り扱い商品のブランドや値段が異なる、不定期に商品購入するECサイトにおいて都度課金をご導入する事ができます。そしてもう一つは継続課金です。継続課金は、決済の必要情報を預かり、定期的に請求する課金方式になります。利用者の個人報を管理する事になるので、事業者側にとっても不安を感じる方も中にはいると思いますが、決済代行サービスを利用する事でクレジットカードの重要情報を安全に管理し、継続課金処理を行う事が可能になります。継続課金のビジネスモデル例には、オンラインゲームの月額会員制サービス、継続利用が推奨される健康食品など、ECサイトでは継続課金を導入する事ができます。

月額課金システムを導入すべき代表的ビジネスモデルとは?

月額課金の導入を検討するにあたり、提供サービスやビジネスモデルが継続課金方式に向いているのか、それをしっかり判断する事が必要です。その判断の大前提には、長期間継続使用が可能であるかと言う点が大事になります。また、ただサービス提供するだけで無く、お客様サポートも併せて提供できるかも重要なポイントです。折角、契約をしてもらっても継続利用のサポート体制がしっかりしていなければ、短期間でお客様は退会してしまいます。なので、この事を踏まえて、月額金システムが向いているビジネス展開していく事が大切です。例えば、スポーツジムやフィットネスクラブなどの施設利用提供、脱毛サロンやエステなどへの定期的な来店、長期的使用が想定される健康食品や化粧品の定期販売サービスなど、これらの分野では有効的にサービスを活用していく事ができます。

月額課金システムの導入メリットとは?

長期的に売り上げが安定する

月額課金は、長期契約プラン設定が可能なサービスに最適です。例えば、継続的に摂取する事が前提とされている健康食品、一度購入すると定期的な使用傾向が強い化粧品などが該当します。お客様からクオリティへの信頼を獲得すれば、お試し期間の一ヶ月の後に年単位の長期継続契約に進む事も期待できるので、お客様一人から数年単位で安定して売り上げ獲得できる可能性もあります。

サービス利用状況を問わずに売上獲得できる

継続課金の最適なビジネスの一つに、施設利用料が挙げられます。施設利用状況を問わずに、定期的に代金決済が行われる事が多いのでお勧めです。スポーツジムやフィットネスクラブは、入会の達成感から約7割の方が空払いの事実があります。退会手続きが面倒になってしまい、形だけ在籍している会員として代金のみを支払っている方も中にはいます。なので、企業側には不本意な部分はありますが、都度、使用料を支払うより継続契約は多くの収入を見込む事ができます。

少額コンテンツの継続率が上がる

デジタルコンテンツの継続課金に関しては、少額サービスが多く解約されにくい傾向があります。なので、安定したサービスを提供し続ける事で、解約回避する事ができたり、解約自体を忘れており契約継続していたり、それらが理由として挙げられます。支払い処理を自動で行うので、解約を意識せずサービス利用を継続していく事ができます。

代金の回収作業負担が軽減する

都度課金よりも月額課金は、代金回収業務の発生機会が少ない事もメリットの一つに挙げられます。時間や工数を削減できる事はもちろん、集金の精神的負荷からも解放されます。これは、ビジネスの幅を積極的に拡大していく事へも繫がっており、事業成長にも寄与する事ができます。

取り組み方によって月額課金できる

月額課金に不向きと思われているビジネスであっても、取り組み方によっては月額課金システムの導入が可能になる場合もあります。最近は、リースやカーシェアの分野において、色々な種類のサービスを定額で受ける事ができるビジネスで大きな注目が集まっています。本来、レンタカー業界では都度課金方式が一般的となっていますが、不特定多数の複数人での利用プランの場合、月額課金方式が受け入れられやすくなっています。洋服や小物なども通常であれば都度課金に該当しますが、レンタルの形では月額課金が可能です。月額課金システムになる事で、中長期的に一定売上が計上され、利益はしっかり安定します。

まとめ

売上分析、在庫管理、資金繰り、新たな施策の打ち出しなど、事業持続の為には経営者としてやらなければならない事が盛り沢山あります。その一方で、売り上げを今以上に増やして利益を上げる事が経営の本質でもありますよね。ですが、毎月その月の売り上げが読めない経営状態であったら、それはそれでどうでしょうか?事業拡大、投資、売り上げを増やすなど、今は現状維持でさえ難しい状況です。こうした事態を避ける為にも、安定した売り上げを取る為の一つとして、月額課金システムを導入し、安定した経営に結びつく仕組み作りを行いましょう。